よくある質問

人材派遣について

「一般派遣」「紹介予定派遣」の違いとは

「一般派遣」とは、派遣会社から仕事を紹介されて就業が決定し、派遣会社と雇用契約を結ぶ形態です。
自分のライフスタイルにあわせて、希望の就業時間や期間などの条件を選べることが一般派遣のメリットの1つで す。多くの場合「派遣」と呼ばれているのは、この一般派遣を指しています。

「紹介予定派遣」とは、派遣先に直接雇用されることを前提に、
一定期間派遣スタッフとして就業し、派遣期間終了 時に本人が合意した場合、社員として採用される派遣スタイルです。

派遣の種類の詳細はこちら

派遣社員として、同じ派遣先企業でどのくらいの期間働けますか

1人の人が派遣先の同一組織で働ける期間は最長3年となります。
途中で業務内容が変更になった場合も組織が変わらなければ最長3年に変更はありません。
(契約期間は更新型のため、開始から3年を約束するものではありません。)

※以下は期間制限の対象外です。
  ① 無期雇用の派遣労働者
  ② 60歳以上の派遣労働者
  ③ 日数限定業務、有期プロジェクト業務、産休育休・介護休業代替業務

【参考】
改正労働者派遣法の施行日(2015年9月30日)以降に締結・更新される労働者派遣契約から、すべての業務に対して、派遣期間に次の2種類の制限が設けられました。
(派遣元で無期雇用されている、または60歳以上の派遣労働者等を除く)

1.派遣先事業所単位の期間制限
派遣先は、同一の事業所で派遣を受け入れられる期間は、原則、3年が限度となります。
3年を超えて受け入れようとする場合は、派遣先の過半数労働組合等からの意見を聴く必要があります。

2.派遣労働者個人単位の期間制限
派遣先の事業所における同一の組織単位に派遣就業できる期間は、原則、3年が限度となります。

※経過措置
2015年9月30日時点で既に締結されている場合は、その労働者派遣契約が終了するまで、改正前の法律の期間制限
(26業務以外の業務の派遣期間は、上限を原則1年、最長3年とするもの)が適用されます。

派遣社員から正社員になることはできますか

「一般派遣」の場合、法律の上限期間(よくある質問 「人材派遣について-2」 参照)終了後、雇用安定措置として派遣先への直接雇用を依頼することが可能です。
過去のケースでは、上限期間終了後に本人と派遣先との双方に直接雇用の要望があった場合に契約社員に切り替わった事例があります。
正社員(または契約社員)をご希望であれば、「紹介予定派遣」または「人材紹介」のお仕事も含めご案内しております。

交通費は支給されますか

お仕事により支給される(交通費別途)場合と、支給されない(交通費込み)場合があります。お仕事をご紹介する際に、コーディネーターがお伝えします。

学生ですが、派遣のお仕事に就くことはできますか

ご紹介可能な仕事はあります。
ただし、勤務日数や勤務時間等のご希望条件、ご経験・スキルと、派遣先企業の依頼条件を照らし合わせてご紹介しておりますので、依頼条件などによってご紹介が難しい場合もございます。
フルタイムではなく、単発や週に数日までのお仕事等もございますのでご相談ください。
※高校生(18歳以下)の方は就業できません。

扶養範囲内でのお仕事はありますか

ご希望条件に合わせて、派遣先企業と調整が可能な場合もあります。
コーディネーターにご相談ください。

外国籍ですが派遣登録できますか

外国籍の方は、就労可能な在留資格をお持ちの方であればご登録いただけます。
(例) 「永住者」・「特別永住者」・「定住者」・「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者等」


登録予約はこちら

【電話で予約】9:00?17:30(土・日・祝日を除く)

最新の求人情報をお届け! 求人情報メルマガ
企業のお客様 人材をお探しの方

このページのトップへ