シェアードサービス事業/業務改革・改善コンサルティングシェアードサービス事業/業務改革・改善コンサルティング

“業務改革・改善プロセスを通してお客様に「3つの価値」を提供”

“業務改革・改善プロセスを通してお客様に「3つの価値」を提供”

業務改革・改善実績例業務改革・改善実績例

シェアードサービスの流れ

シェアードサービスの流れ

1.業務の切り分け1.業務の切り分け

お客様企業の中にある業務を「本業」と「間接業務」に分類します。

一概に間接業務といっても、その中には戦略立案業務や、高度な判断を必要とする業務も含まれています。これらを外部に委託することは、企業の経営力を低下させるリスクがあるため、間接業務を更に分類し、外部委託可能な定型業務を棚卸します。 これら定型間接業務を業務メニュー化し、業務改革・改善のターゲット業務とします。

2.業務改革・改善提案2.業務改革・改善提案

当社の培ってきた間接業務効率化ノウハウを活用し、間接業務の改革・改善を推進。

2-1 業務工程の”見える化”2-1 業務工程の”見える化”

【プロセス・作業の”見える化”】
メニュー化された各業務毎に業務フローを整備し、業務を”見える化”します。
これにより業務改善ポイントを洗い出すとともに、業務プロセスを全体最適の視点のもと再設計します。

2-2 作業の”見える化”2-2 作業の”見える化”

業務手順書(業務マニュアル)を整備し、無駄な作業の排除、ITの活用などを通して個別作業を改善します。

2-3 業務コストの”適正化”2-3 業務コストの”適正化”

”見える化”された業務コストを分析し、「業務の付加価値」と「業務担当者」をバランスさせます。これにより無駄な人件費を抑えた低コスト化だけでなく、業務品質の向上や、業務リスクの低減を図ります。

サービスに関するお問合せ 〜 フォームお問合せ

サービスに関するお問合せ 〜お気軽にご相談ください

サービスに関するお問合せ 〜サービスに関するお問合せ 〜

このページのトップへ

このページのトップへ